ブスの顔

ブス顔の特徴5選|圧倒的美人は難しいけど一般的な顔に近づく方法

美人になっていった

みなさんパッと見で美人やブスを判断することができると思いますが、ブスと美人の違いを明確に言うことができる人はいますか?

何を基準に美人とブスを決めているのでしょう?まず美人と呼ばれる人は、顔のそれぞれのパーツが美しい人がほとんどです。パーツの美しさと配置されているバランスで美人が決まるのです。

それでは逆にブスと呼ばれる人たちのパーツにはどんな特徴があるのでしょうか?この記事ではブスの特徴をご紹介しつつ、そのブスパーツを少しでも美人に近づけるための方法も一緒にご紹介します。

 

ブスの特徴1:目元に関するブス要素3つ

目は美人かブスかを判断するのにとても重要なパーツです。目がパッチリとしていて、大きければ大きいほど美人というイメージが強いです。また目の形そのものもそうですが、目がどこに配置されているかでも美人に見えるかどうかが大きく変わります。

ブスの特徴になってしまう残念な目とはどんな目でしょうか?

一重である

いわゆる美人と呼ばれる人たちは二重であることがほとんどです。テレビには美人の代表である、女優やモデルがたくさん出ています。どうですか?みなさんほぼ100%二重で、ぱっちりとした目をしていませんか?

美人=二重と言えるくらい、美人と二重は切り離せません

つまり二重が美人の象徴であるとすると、一重はブスと呼ばれる人たちに多い特徴になります。一重はまぶたが腫れぼったく、目が細くなり目つきが悪く見えるのです。

また目が小さいため、顔が大きく見えてしまうのもブスに見られる原因と言えます。一重の場合、目が小さく、目元の印象が薄いため他のパーツに目がいってしまい、他のパーツの粗が目立ってしまいます。

そのため一重にはブスが多いと思われてしまうのですね。一重で美人と言われる数少ない人は、目を補って余りあるほど、他のパーツがキレイで、バランスが整っていると言えるでしょう。

目と眉毛の距離が遠い

日本人は堀の深い顔に憧れている人も多いと思いますが、堀の深い欧米美女の顔を思い浮かべてください。

アンジェリーナ・ジョリー、アン・ハサウェイ、エマ・ワトソンなど、挙げだしたらきりがないですが、目と眉毛がとても近くないですか?

つまり目と眉毛の距離が近いことが美人の特徴になります。逆を言うと、目と眉毛の距離が遠い人は美人顔とは言えません。目と眉毛が遠い人は、顔の凹凸がなくどうしてものっぺりとした印象になります。平べったい顔はブスと判断されがちです。

離れ目

離れ目もブスと言われる人に多くみられる特徴です。離れ目だと魚顔と呼ばれることも多いですが、魚顔と呼ばれて喜ぶ人はいませんよね?

離れ目の人は大抵鼻の筋が通っておらず、鼻筋の出っ張りがないことで離れ目に見えるのです。離れ目で鼻が低い…このセットはブス度を強調してしまう要素ですね。

小さい目・目つきの悪い目

これまた、アニメの漫画のキャラクターのブスは、だいたい目が小さかったり、目つきが悪かったりします。鼻についで、目も顔に置いて重要な部位。目が小さい・目つきが悪い人は、ブスと言われがちでしょう。

涙袋に関して

美人の象徴、涙袋。涙袋がないと、表情が死んでしまったり、冷たい印象になったりします。女優さんの画像を、写真加工アプリを使って涙袋を消してみてください。

一気に印象が変わります。

まつ毛が短い、少ない

まつ毛は顔においてかなりの重要なポイント。まつ毛をビューラーで上げるだけで、眼力出て、目の印象が変わります。ただ、まつ毛は、まつげエクステやつけまつげなど簡単にできるのであまり気にすることはないでしょう。

しかし、注意したいのは、そもそもまつ毛が少ない、抜け落ちてる場合はまつエクができないこと。まつげ美容液などで、しっかりケアしましょう。

人間の眉毛は、大抵の場合素のままだとボサボサです。眉間にもうっすら生えています。

手入れをして、眉ペンなどできれいな眉毛に仕上げましょう。また、細すぎたり、そもそもほとんど剃ってしまったりすると、ヤンキーのような幽霊のような怖い印象になるので注意です。

ブスの特徴2:鼻に関するブス要素2つ

鼻は顔の中央にありとても目立つパーツです。そのため、他のパーツがキレイでも、その鼻がブスであればどうしてもブスの印象が強くなってしまいます。

ブスと判断されてしまう鼻の形にはどんなものがあるでしょう?

団子鼻

ブスの特徴である団子鼻は残念ながら日本人に多い鼻です。その名通り、鼻の先端が団子のように丸くなっており、横から見ると尖っていないのが一目瞭然です。丸み帯びた鼻は、大きく悪目立ちしてキレイなイメージとは程遠いところにあり、シャープな印象を与えてくれません。

団子鼻品川美容外科

ブタ鼻

ブタ鼻は鼻が上を向いていて、真正面から見て鼻の穴が見えている形を言います。鼻の穴が目立ってしまい、マンガなどでも3枚目のキャラに使われるような形ですよね。残念ながら美人やイケメンと呼ばれる人たちに、このブタ鼻を持つ人はいないでしょう。

 

ブスの特徴3:Eラインが整っていない

みなさんはEラインを知っていますか?Eラインとはエスティックラインと言い、横顔の美しさを判断する基準となるものです。

鼻先から顎先を結んだラインのことを言い、そのラインに唇が触れなければEラインが整っており、横顔美人と言われます。

Eライン

しかし、日本人の場合は鼻が低いなどの特徴もあり、骨格的に唇がラインに触れるくらいでも美人と判断されます。鼻先と顎先を結んだラインをより唇がだいぶ前に出ている場合は、Eラインが整っているとは言えず、横顔ブスと言えるでしょう。

ただ、あくまでEラインは理想形なので、ほかが整っていれば合ってもなくても美人ですし、その反面ほかがダメならブスはブスです。Eラインは、骨格によるものですが、顔の筋肉を鍛えるエクササイズや、口呼吸をしないことを心がけることで改善することは可能です。

ブスの特徴4:エラが張っている

顔の輪郭も美人かブスかを決める大事な要素です。ブスな輪郭の代表と言えば、エラが張っていることです。エラが張っているとホームベース顔とも呼ばれ、顔が大きく見え、ゴツく見られがちです。

せっかく顔のパーツが整っていても、エラが張っているということだけで、残念な印象を与えてしまうのです。

ブスの特徴5:口元に関して

歯が汚い

歯並びががちゃがちゃで、さらに黄ばんでいたら不潔な印象があります。八重歯がかわいいと言われますが、八重歯がかわいいのは他の歯がきれいだからです。

ただ、歯並びは矯正するしか治す方法はありません。大人の矯正は、かなり高価格です。

手入れされてない唇

男性が女性の顔を見るとき、一番に目が行くのは唇だと言われています。唇が汚いと、女性としての魅力がだだ下がりです。唇のケアは簡単にできるので、サボってはいけません。

下がった口角

への字の口角にどんな印象がありますか?

意地悪なおばさんをイメージしませんか?

口角が下がっている人にいい印象を持つ人はいませんよね。いつも自信がなく、不機嫌な顔をしているとブサイク口角になります。常に口角を上げるよう心がけましょう。

部位別に解説!ブス顔の人ができるだけ美人に近づける方法

目元を美人に近づけるには

整形が手っ取り早い

ブス目を解決するために手っ取り早いのが整形することです。今や二重の手術は手軽にできる世の中です。二重手術には「埋没法」と言われる、メスを使わず短時間、低価格でできるものや、「切開法」という、まぶたを切開する方法などがあります。

また目頭を切開すると離れ目の改善にもなるようです。まぶたの厚みによってどの手術が合うのかはそれぞれのようなので、しっかりカウンセリングを受けるようにしてください。

気合のメイク

当たり前になってきたとは言え整形することに抵抗がある人は、整形級のメイクを施すといいでしょう。二重まぶたをつくるメイク用品もたくさんあり、たくさんの人が二重の作り方をYouTubeなどに載せており、二重のクセをつけることによって自力で二重にした人も大勢います。

目はメイクでかなり変えられるパーツのため、メイク技術を上げれば美人に近づけます。

ブス鼻が美人に近づくためには?

やっぱり整形!

鼻はメイクで誤魔化すのが非常に難しいパーツです。メイクで形を大きく変えることができないため、一番の改善法はやはり整形です。鼻の手術というと大掛かりで高額なイメージがありますが、鼻先の軟骨を修正する比較的手軽な整形手術で改善できることもあるようです。

マッサージ

鼻先の軟骨はマッサージや鼻の矯正器を使って時間はかかりますが矯正することも可能なようです。毎日トレーニングという地道な努力が必要になりますが、美のために努力できる人はぜひやり方を調べてみてください。

Eラインブスが美人に近づくためには?

鼻呼吸に変える

そんなことで⁉と思われる人もいるかもしれませんが、口呼吸をしていることで口が開けっ放しになり、口元が緩み、だらしのない口の輪郭を作っていることが多いようです。

その口元を引き締めるためには、速攻で口呼吸から鼻呼吸に変えることが必要です。鼻呼吸の習慣がつくと、自然と口元が変わってきますよ。

歯列矯正

Eラインを整える方法に歯列矯正をする方法もあります。歯の矯正をすると出っ歯などで押し出されていた歯が収まり、格段に口の印象が変わります。

エラ張りブスが美人に近づくためには?

髪型で誤魔化す

エラの張りは、髪型で隠すことができます。ボブや、ゆるくカールさせたロングヘアにして、エラの部分を覆ってしまえば、顔が大きく見えることもありません。髪型で隠せるのはとても手軽ですね。

整形

エラの張りを根本的に解決したいと思うなら、やはり整形です。エラが張っている原因となる骨を削る必要があるため、大掛かりで手術費用も高くなります。

しかし、筋肉が異常に発達してエラが張っている場合もあり、それはボトックス注射を打って改善できることもあるようです。どうしてエラが張っているのか美容外科の先生に聞くことが大切です。

その他|今からできるブス改善の方法

笑顔で過ごす

ブスは、自分に自信がなくいつも暗い顔をしていることが多いです。その反面、美人の人は常に笑顔でキラキラしていますよね。

美人だから笑顔でいられるというだけではありません。笑顔を欠かさないから美人に見えるのです。また、笑顔でいることが表情筋を鍛えることにも繋がり、顔のシェイプアップになります。

作り笑顔でも常に笑顔でいるよう心がけましょう。

生活習慣を整える

生活習慣が崩れていると、その分容姿も崩れていきます。バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活は美の秘訣。肌もきれいになりますし、体型を維持できます。

仕事や家事に追われているとなかなか難しいことですが、できる限り生活習慣を整えるようにしましょう。

まとめ

自分がブスであると自覚のある人は、今回紹介したブスの特徴がいくつも当てはまってしまったのではないでしょうか?

一つくらいのブスパーツなら誤魔化せても、それがいくつもとなるとどうしてもブスというレッテルを貼られてしまいます。しかし、まずは自分がブスであることを自覚することが美人に近づくための第一歩です。

自分のブスパーツを把握し、その改善に努めましょう。手っ取り早いのは整形することですが、現在はメイク技術でなんとかできることも多いようです。

美は一日にしてならず!

自分のブスの特徴と向き合い整形費用を貯めるなり、メイク技術を向上させるなり、美人に近づきましょう。

ABOUT ME
beface編集部
beface編集部
「人は顔で全て決まる」というコンセプトメディアを運営。見た目でほぼ全てが決まっているのであれば、どんな人でも美人イケメンになれば、人生の選択肢が広がるハズ。そのための方法論を正しく伝えていくことを目指す。