ブスの顔

ブスの人生はどうしたらいいか|ブスで損した9の出来事と前向きに生きるには

ブスの人生

よく「美人は得だ」という言葉を耳にしますよね。容姿は持って生まれた才能です。

美人で生まれた人はその才能を使って、順風満帆に人生を歩んでいきます。美人のため生まれた時からちやほやされ、大人になっても優遇され続ける、そんな姿を見ると羨ましくなりませんか?

顔がブスだと生まれた時点で美人とは出発点が違うわけです。美人と違いブスはどんな損をしてきているのでしょうか?この記事ではそんなブスに起きる損な出来事をご紹介します。

 

顔がブスで損することとは?実際にあった悲しい事実9選

顔がブスに生まれたことにより、ブスは美人がしたことがない体験をすることになります。

その体験にはどんなものがあるのでしょうか?

ここからブスが世の中からどんな仕打ちを受けているか、どんな損な出来事があるか考えられるものを挙げていきます。

モテない

美人に比べたらブスはモテません。特に男性は女性をまずは容姿でジャッジする人がほとんどです。ブスという時点で、恋愛対象から外されてしまいます。一瞬で対象外と判断され、それを覆すのはなかなか難しいものです。

顔がブスだと男性からお声がかかるチャンスがほぼありません。

ハイスペック男性と付き合えない

世の中にブサイク×美女の組み合わせをよく見かけますが、イケメン×ブスという組み合わせはほとんどいません。それだけ男性は女性の容姿に魅力を感じるのです。

ブサイクでも美女を落とそうする気概が凄いですが、実際に容姿以外の部分に惹かれてブサイクと付き合う美女は一定数います。しかし逆はありません。世の中の少数派であるハイスペック男性とブスが付き合うのは至難の業です。

奢ってもらえない

美人であれば食事に誘われて当たり前のように奢ってもらっているシーンをよく見ることができますが、ブスはまず食事に誘ってもらえません。食事行くことがないので、奢ってもらう機会がないのです。

例え男性と食事に行く機会があっても、恋愛対象ではないので当然のように割り勘で、全額払ってもらえることは少ないでしょう。

出会いの場でみじめな思いをする

男性は女性の容姿に対してとても厳しいです。美人には愛想よくしたり、優しくしたりしている男性が、ブスには冷たく当たることはよくあることです。特に出会いの場である合コンなどで、その現象は顕著に現れます

美人の近くにいるときは、とても楽しそうにしていた男性がブスの隣に来た瞬間に明らかに態度を豹変させます。さっきまでとは別人なのでは?と思うくらい、テンションが低くなり喋らなくなるのです

ブスは怒られやすい

美人であれば謝って済むことも、ブスがやるとなぜか怒られます。会社でミスをしたとき、美人は上司から大したお咎めを受けることがないのに、ブスがミスをするとなぜか上司が厳しく、ちょっとしたミスでもきつく当たられます。

「すみません」と素直に謝ったところで、上司の気は収まりません。美人には弱く強く注意ができない分、ブスには強めに怒ってくるのでしょう。

就職活動で不利

お隣の国、韓国でははっきりとブスが就職する上で不利であることがわかっています。

“韓国の就職ポータルサイトの調査によると、「容姿が面接試験の結果に影響する」と答えた企業の人事採用者が、なんと84%もいました。”

引用:https://blogos.com/article/313778/

そのため韓国では美容整形が日本より当たり前のように行われているのです。日本では容姿が就職の内定の合否を決めるなどはっきり言う人はいませんが、「顔採用だろ」と思うような、美人ばかり揃っている会社は確かにあります。

会社の顔になる「受付」を担当する人にまずブスはいません。

jalの社員JALの客室乗務員

顔がブスということで、確かに就職の幅が狭まっているのです。

わがままが許されない

美人であれば多少は許されるわがままも、なぜかブスが言うと受け入れてもらえません。美人の「あれ食べたい」「あれ欲しい」「あそこに行きたい」は可愛いわがままで通りますが、なぜかブスが言うとウザがられます。

もしブスで彼氏が出来たとしても、美人のようにわがままを聞いてはもらえないでしょう。

自信が持てない

ブスで生まれたことにより、自信をなくしてしまう人がほとんどです。「自分はブスなんだ」という思いから何をするにしても自信が持てず、人の顔色ばかり窺うようになります。

「ブスの自分がいても大丈夫か?」「ブスだから迷惑かけないだろうか?」自信が持てないことでマイナス思考に陥ってしまいます。このマイナス思考が行動力を奪い、よりブスを生きにくくするのです。

卑屈になる

小さい頃から美人との扱いの差を感じると、どんどん卑屈になっていきます。「どうせ自分はブスだから」「美人ばっかり得をして」確かにそうですが、それでマインドまでブスになると引きこもりなどになります。

自分の殻や部屋に閉じこもり、社会で役立たない人になってしまうのです。

 

じゃあブスはどうしたらいい?

ブスが損することをたくさん並べてきましたが、顔がブスというだけで起こる弊害は多々あるようです。美人とまで言わなくても普通の顔に生まれてきたら、こんな辛い思いをしなくて済んだのに…。

そんな風に思ってしまうほどブスということで損をしているのです。

じゃあブスは一体どうしたらいいの?

と思う人がいると思いますが、それはもうブスを脱却するしかありません。

「どうせブスだから」という考え方では何も変わりません。美人になるのは難しくても、ブスから普通の人になるくらいはできるはず。ブス脱却法を一緒に考えていきましょう。

手っ取り早く整形する

一番手っ取り早い方法が整形です。整形とは顔を整えるために行うものです。つまりブス顔を直してくれるのです。今や整形することも当たり前の時代なので、そこまで整形をすることに躊躇する必要はないと思います。

お隣の国、韓国は整形大国と言われ、4割ほどの女性に整形経験があるそうです。

費用や手術のリスクなどを考えると足がすくむ気持ちもわかりますが、このままブス顔で生きていくこともリスクと言えるのではないでしょうか?

二重手術はもはや当たり前の時代

整形と言っても、その規模は様々で目を二重にするだけならものの10分ほどで終わるものもあるようです。目元が変わるだけでも人の印象は大きく変わります。

何も美人を目指さなくても、ブスを脱却出来ればいいわけなので、少しいじってみようという軽い気持ちで整形に踏み出してみるのもありなのではないでしょうか?

 

まとめ

美人とブスを比べると、どう考えても美人の方が得することが多いようです。しかし、ブスに生まれたために不遇な扱いを受け続けることは、非常に辛くありませんか?

ブスのひがみ
ブスのひがみ
顔がブスでさえなければ…

そう思うならブスじゃなくなればいいわけです。

今の時代、美容整形は当たり前!

もはやメイクでさえ、整形メイクと言われ、ビフォーアフターが全くの別人になる人も多くいます。注射を打つだけでも整形と言われており、整形とメイクの境目はどんどんなくなってきているように思います。

顔を変えることに躊躇う必要はないのです。美人を羨み、ブスであることを僻んで不遇な扱いに耐えるくらいなら、早くブスから脱却しませんか?

ブスでい続けると、心がどんどん荒んでいきます。精神的安定を手にするためにもブス顔を整形する勇気を持ちましょう。

ABOUT ME
beface編集部
beface編集部
「人は顔で全て決まる」というコンセプトメディアを運営。見た目でほぼ全てが決まっているのであれば、どんな人でも美人イケメンになれば、人生の選択肢が広がるハズ。そのための方法論を正しく伝えていくことを目指す。