美人の顔

薬剤師には美人や可愛い人が多い理由とは?

薬剤師_美人

みなさんは薬剤師という職種にどのようなイメージを持っていますか?

「安定している」「かしこい」「給料が高い」など色々とあると思いますが、「美人」というイメージを持っている人もたくさんいます。

確かに薬剤師というと、男性より女性を思い浮かべる人が多いですよね。

ではなぜ薬剤師というとさらに「美人」とイメージする人が多いのでしょうか?

この記事では薬剤師に美人が多いと言われる理由について、掘り下げていきたいと思います。

また美人薬剤師はどのような職場にいるのかもご紹介します。

美人薬剤師ばかり!なぜ?

なぜか美人な人ばかりと言われる薬剤師ですが、それにはちゃんと理由があります。

その4つの理由をここでは説明していきます。

美人が多い理由1:薬剤師は女性の割合が多いから

薬剤師の男女比率はおおよそ女性6割、男性が4割です。

つまり女性の方が男性より多い職種なんです。

さらに薬剤師の場合、女性は薬局や病院、男性は企業に勤める傾向が強く、お客さまと対面で接する機会が多いのは女性薬剤師ばかりです。

女性比率が高いということは、それだけ美人の数が多く感じられます。

女子校出身には可愛い子や美人な人が多いと感じたことはありませんか?

しかしそれは女子校には女子しかいないため、共学の学校に比べて圧倒的に女性が多いので、美人がたくさんいるのは当たり前のことなんです。

女子校ほどではないにしろ、薬剤師という職業でも同じ現象が起こっているようです。

美人が多い理由2:薬剤師になる女性はしっかりとした人が多いから

薬剤師という職業を選ぶ女性は、

  1. 「収入が安定している」
  2. 「子育て後も復帰しやすい」など

ちゃんと将来設計を考えている堅実な方ばかり。

女性でありながらしっかりと手に職を付け、国家資格を持ち、なおかつ結婚後の子育てのこともしっかりと視野に入れて、職業を選んだ女性はかしこく、真面目な人たちです。

そんな真面目な女性たちは仕事はもちろん、生活面においてもちゃんとしていて、健康的な生活をしている人が多いようです。

不規則な生活をせず、バランスの取れた食事をしたり、運動をしたり、出かけるときにはしっかりとメイクをするなどの習慣が身に付いているので、必然的に清潔感のある美人女性が多いのでしょう。

美人が多い理由3:薬剤師になる女性の家庭は裕福で育ちが良いから

薬剤師になるためには、現在6年制の薬学部を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

薬学部は私立の大学も多く、卒業するまでの学費が他の学部よりも当然高額になります。

そのような大学に入学させる家庭は裕福である場合が多く、薬学部に通う人たちは中学受験を経験している傾向が強いようです。

このような傾向から、金銭的にもゆとりがあり、親御さんからきっちりとした教育を受けてきことが想像できます。

育ちから出る品の良さ、かしこさが滲み出ている洗練された女性を見て、薬剤師の女性は美人だと思われるのでしょう。

美人が多い理由4:マスクを付けて仕事をしている人が多いから

薬剤師の多くは、マスクをして仕事をしています。それは衛生面もそうですし、患者さんからの感染予防のためでもあります。

マスクは顔の3分の2を覆い隠してしまいますが、それが薬剤師さんを美人に見えることに関係しています。

美人かどうかを判断するのに口元と鼻はとても重要なパーツです。

そこが見えないことによって、美人度が増します。

この人マスクしている時は美人(イケメン)に見えたのに、外すとなんか残念…」と思ったことがある人も、いるのではないでしょうか?

マスクは人の顔を何割か増しにする傾向にあります。マスクが美人薬剤師を多く見せるのに、一役買っているようですね。

結局のところ美人な薬剤師はどこにいる?

薬剤師には美人が多い理由には納得いただけたでしょうか?

薬剤師になる女性は家庭的に裕福であり、真面目な人が多く、育ちの良さから美人もしくは美人に見える人が多いようです。

しかし当然、女性薬剤師が全員が美人というわけではありません。

あくまで美人が多いという傾向にあるだけです。

では、その美人薬剤師はどこで働いているのでしょうか?

薬剤師というと薬局にいるイメージが強いかと思いますが、薬剤師の活躍場所はたくさんあります。

ここからは、美人薬剤師が特に多くいると言われる職場をご紹介していきます。

美人薬剤師率が高い職場1:ドラッグストア

ドラッグストアは病気やケガなど関係なく、日常的に買い物に来る人が多い場所です。

薬の他にも化粧品やシャンプーなどの日用品、女性がこだわる商品が種類豊富に置かれています。

薬剤師がドラッグストアで働く場合、薬の管理だけでなく、化粧品などの販売、レジ打ちなど接客業がメインになります。

そのため、ドラッグストアで働く女性はしっかりと「化粧をして」と指示されていることもあります。

当然雇う側も接客するなら、美人を雇いたいと思いますよね。そのためドラッグストアに勤める女性薬剤師は美人率が高いようです。

美人薬剤師率が高い職場2:調剤薬局

調剤薬局は病院や診療所に必ず隣接していますが、ここも美人薬剤師率が高いと言われています。

それはそもそも働いている女性薬剤師の人数が多く、女性比率が高いのが大きな理由です。

またドラッグストアと同じようにこちらもお客さまと対面で接する機会が多いため、接客業に近いものがあります。

そのため大手の調剤薬局であれば、身だしなみの研修があるなど見た目に気を配っているところも多く、美人がたくさんいるようです。

美人薬剤師率が高い職場3:製薬会社

多くの薬剤師は製薬会社で働くことに憧れを持っています。

製薬会社は病院や薬局勤務に比べ、給与が高く土日休みである場合が多いため、薬剤師から人気の職場です。

製薬会社で薬剤師が働く場合、薬の研究、開発かMRとして働くことになります。MRは自社の薬を病院や調剤薬局に営業する仕事です。

営業であるため、コミュニケーション能力はもちろん、清潔感など見た目がとても重要になります。

当然雇う側も、営業として好感を持たれる人であるかどうかは厳しくチェックして雇うことを決めます。

人気の製薬会社で働いているということは、厳しい競争率に勝ち残った人のため、必然的に美人が多いわけです。

美人は多い!ただ、薬剤師は結婚が遅い…

これだけ「美人が多い」「かしこい」「安定している」ともてはやされ非常にモテそうな薬剤師ですが、実は結婚するのが遅いと言われています。

それはそもそも大学を6年間通う必要があるため、最短で卒業しても社会に出るのは24歳です。

この20代の2年はとても大きいものです。

仕事に就いて一生懸命仕事を覚えて、働いているうちにあっという間にアラサーになってしまいます。

また薬剤師は女性が多い職場のため、そもそも男性に出会える機会が少ないのです。職場と家との往復では、なかなか素敵なパートナーに出会えません。

そして女性薬剤師は相手に求める理想が高い傾向があります。

難しい薬学部に入るため受験勉強を頑張り、6年間みっちり勉強して国家試験を勝ち抜いてきているのですから、それは納得というもの。

モテるのになかなか結婚をしない人が多いのは、そういう特徴があるからです。

収入も安定しており、一人で生きていけてしまうことも薬剤師の晩婚、未婚化に拍車をかけてしまっているようですね。

まとめ

薬剤師という職業は

  1. 女性率が高い
  2. 真面目でかしこい人が多い
  3. 裕福な家庭に育っている
  4. マスクで仕事をしている場合が多い

など色々な要素が合わさって、確かに美人が多い傾向にあります。薬剤師として生きる女性たちの家柄、堅実な仕事、生活ぶりが、美人がたくさんいる大きな理由だったんです。

みなさんの近くにいる薬剤師さんも、この記事で紹介した理由にきっと当てはまると思いますよ。

ABOUT ME
beface編集部
beface編集部
「人は顔で全て決まる」というコンセプトメディアを運営。見た目でほぼ全てが決まっているのであれば、どんな人でも美人イケメンになれば、人生の選択肢が広がるハズ。そのための方法論を正しく伝えていくことを目指す。